血糖値が高いときにはどんな食べ物がおすすめなの?選び方のポイントについて

血糖値が高いときは、食べ物には気を付けなければいけません。血糖値を上げないためには食べ物のカロリーに注意する必要があります。

 

高カロリーのものを食べると高血糖になりやすくなります。血糖値が高い状態が続くと糖尿病を引き起こしやすくなるので、甘いものや高カロリーの食べ物はなるべく避けましょう。

 

糖尿病は放置するとさまざまな合併症を引き起こす恐ろしい病気です。高血糖を予防する食べ物でおすすめなのは、食物繊維の多いものです。

 

食物繊維は食後の糖の吸収を穏やかにしたり血糖の排出を促す作用があり、きのこや野菜、海草やこんにゃく、寒天などの食べ物に豊富に含まれます。

 

これらの食べ物は低カロリーなので、食事の際はこれらの食物繊維が豊富な食べ物を積極的に取り入れると高血糖を予防する効果が期待できます。

 

また、油っこい食べ物は高カロリーなので血糖値が高い人は控えましょう。

 

運動をすると血糖をエネルギーとして消費することができるので、週に何度かはウォーキングなどの軽い運動をしましょう。運動を行う場合は食後に行うと高血糖の防止により効果的です。