血糖値が高いのって食事の内容が原因なの?

血糖値が高いのは食事のせいなのかと言うと、それだけではないと言えます。

 

血糖値をコントロールしているのは、膵臓から分泌されるインスリンというホルモンです。

 

そのため膵臓に疾患がありその機能が低下してインスリンの分泌量が減ると、血糖値が高い状態になりやすくなります。

 

しかしやはり高い血糖値の主な原因は食生活の乱れなので、食事の影響が大きいのは確かです。

 

食後は一時的に血糖値が高い状態になります。これは食事に含まれる糖分が摂取されたからです。

 

しかしインスリンによって糖分が調節され、時間の経過と共に解消されていけば特に問題はありません。

 

しかし、過食や糖質が多い食事内容を続けていたり、糖質の吸収を抑制し排出を促す働きを持つ食物繊維が不足したりすると慢性的な高血糖を引き起こし、インスリンの分泌が抑制されます。

 

また、空腹時にいきなり糖質の多い食材を口にしたりすると血糖値が高くなりやすくなります。高血糖を予防するには食事内容に注意する必要があります。