血糖値が高い数値ってどの程度のものからなの?正常の値とは?

高血糖の予防や改善のためには血糖値が高いとされる数値と正常な数値を知っておかなければなりません。

 

血糖値をチェックするには空腹時血糖と食後2時間血糖の2つを測定する必要があります。

 

空腹時血糖とは前日の夕食後から何も食べず翌日の朝に空腹の状態で摂った血液や、9時間絶食したあとに摂った血液を測定したものです。

 

食後2時間血糖とは食事をし始めてから2時間後の血液を測定したものです。

 

空腹時血糖が70〜109mg/dl、食後2時間血糖が140mg/dl未満であれば正常の範囲内と言われています。

 

空腹時の血糖値が正常値より高い場合は食生活の改善や、定期的に検査を受けて正常な範囲に近づけるようにしましょう。

 

空腹時血糖が126mg/dl以上、食後2時間血糖が200mg/dl以上になると糖尿病の疑いがあるので病院の受診が必要になります。

 

また、空腹時血糖が正常の範囲内であっても食後に基準値以上の高い血糖値を示す人は隠れ糖尿病である場合があります。

 

肥満の人や糖分や炭水化物の多い食事をしている人、心配な人は糖尿病の検査をしてみましょう。