血糖値が高いときの自覚症状とは?全身のだるさや喉の渇きが起きる?

血糖値が高いときには次のような自覚症状が現れやすくなります。

 

まずは全身のだるさです。血糖値が正常な値に保たれていると糖分がエネルギーとして必要な時に必要な分だけ振り分けられます。

 

しかしインスリンの分泌が低下するなどが原因で高血糖になると、糖分の振り分けや調整がうまくいかなくなるため全身がエネルギー不足のような状態になりやすくなります。

 

そのためそれほど体を動かしてもいないのに全身のだるさを感じたり、疲れやすいといった自覚症状が出やすくなります。

 

次に、喉の渇きや頻尿といった自覚症状があります。

 

これは血糖値が高いと体が血中の糖の濃度を薄めようとするために水分を欲して引き起こされます。水分を多く摂取すれば、それだけ尿の回数も多くなります。

 

血糖値が高い状態が続き、糖分が尿に混じり始めると尿が泡立つこともあります。

 

それから食べている割に急激に痩せるというのも自覚症状のひとつです。このような自覚症状が出てきた場合、血糖値が高い状態が進行していると考えられるので検査を受けることをおすすめします。