血糖値が高いとどんな病気になるの?糖尿病と合併症について

血糖値が高いとどのような病気になるかと言うと、その筆頭として挙げられるのが糖尿病です。

 

これは血糖値が高い状態が続くことで、糖分がエネルギーとして使用されずに尿にまで混じってしまう病気です。

 

糖尿病が恐ろしいのは、さまざまな臓器に重篤な合併症を引き起こす可能性が高いという点です。

 

たとえば全身のエネルギー不足による神経障害、それによる体の末端の壊死や網膜症などがその一例として挙げられます。

 

これ以外にもめまいや突然意識を失ったり、排尿障害などの合併症があります。このようにさまざまな病気が血糖値が高いことで引き起こされる可能性があるのです。

 

更に糖尿病は高血圧や動脈硬化を引き起こす可能性が高いと言われています。これは高血糖により血流が滞りやすくなったり、血管に対するダメージが大きくなるのが要因だと考えられます。

 

動脈硬化が進行すると日本人の主な死因である脳梗塞や心筋梗塞のリスクが高まるので、血糖値が高い場合は早い段階での改善が重要です。